枠複ファーストコンタクト

wakufuku

>>公開は終了しました<<

JRAでいうところの「枠連」は、地方競馬では「枠複」と呼んでいますが、
どちらも「枠番連勝複式」を短縮化しただけであって、中身は同じです。

どうして、わざわざ地方競馬で「枠複」と呼んでいるかというと、枠番連勝
複式以外に枠番連勝「単式」馬券(枠単)も販売しているからです。

JRAでは枠単馬券は販売していませんから「枠連」だけで問題ないのです。

さて、あなたも想像ができるとは思いますが、枠複馬券の愛好者はそれほど
多くはありませんので、オッズ的に面白いことが思っているケースも珍しく
ありません。

しかし、しょせんは枠複であって、配当金が低いから3連単と比べて魅力に
欠けるということでスルーされがちなのですが、荒れそうなレースであれば
配当金もそれなりに高くなってきますし、枠複であれば購入する馬券の点数
も少なくて済みますので、的中時の回収率が一気に跳ね上がる
のです。

もちろん、おもしろみのない本命馬券でも数百円程度の配当がありますので
さすがに100円台の配当ではトリガミになる可能性は高いですが、トントン
であったり微増させることは可能です。

馬券師の川本匡さんは、この枠複馬券に着目し、大井、川崎、船橋、浦和の
南関競馬に特化した馬券術「枠複ファーストコンタクト」を公開しました。

レース開催日の傾向を読んで、その後のレースを予測するという、一見する
とデタラメとも思えるような方法で予想しますので、前日買いやまとめ買い
はできませんが、直前オッズなどは使いませんし、買い目の絞り込みは簡単
ですから、締切に余裕を持って馬券を買えます。

枠複ファーストコンタクトでは、本命から大穴まで枠複少点数買いで狙って
いきます。

大穴馬券を6点買いで的中できるといったら、いくら選択肢の少ない枠複で
あっても興味が出てくるのではないでしょうか。

なお、対象レースを全て買うというよりは勝ち逃げできるタイミングで逃亡
したほうがいいタイプの馬券術
です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ