スロプロ養成講座

slotkoza

>>公開は終了しました<<

仕事帰りや休日などにスロットを打っていても、あたりが出ない上に、お金
が吸われていくばかりと行った具合に、楽しみに行っているのかストレスを
貯めるために行っているのかわからない
という状況ではないでしょうか。

たまに運良く稼げたとしても、その他の日は、それ以上に散財しているわけ
ですから、トータルでは相当な金額のマイナスになっていると思います。

しかし、平日夕方から夜間にかけての時間帯や休日というのは、ホールから
すれば格好の回収時間帯だから、どれだけ頑張っても稼ぐのは無理じゃない
のかと考えるのも当然でしょう。

前田貴之さんも会社帰りにパチスロを打っては、たまに勝っても、それ以上
に負けるという繰り返しで、最もひどいときには65万円以上の損失だったと
いいますが、以下の2つの秘密を知ったことで、現在では500万円を超える
利益を叩き出すことに成功しています。

  • 勝つための法則
  • リスクとリターンを調整(効率化)

この法則を学んで効率化を徹底することで、あなたも同じように稼げるよう
になる
と前田さんはいいますが、具体的に何をすれば良いのかわからないと
判断のしようがないですよね。

簡単に言えば、現在のホールでは珍しくもない「設定1」であることを前提
とした立ち回りを行うことから、高設定台を狙うと言う具合に、今となって
は無理難題とも言える苦労をする必要はありません。

設定1で稼げるわけがない
と言いたくなったかもしれませんが、ホール経営者の楽太郎さんがブログで
暴露している記事などを見てもわかるように、設定1でも出る時は出ること
をデータを使って明らかにしています。

もちろん、高設定台で周り方が良さそうであれば、狙わないほうがおかしい
わけですから、どんどんチャンスはつかんでいきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ