ロト6エスケープ

今すぐ内容を確認する

ロト6で高額当選したい
と思って、あなたも毎回購入しているとは思いますが、なかなか当たらずに購入代金が消えて
いくばかりという状況ではないでしょうか。

小難しい確率統計的な理論をひねりまくって、次回の当選番号を完全予想するという触れ込み
のツールも数多くありますが、その大半は当然のように当たりません。

1等や2等の当選金額が極端に安い時もありましたが、何かの予想ソフトが的中したのではなく
たまたま当選番号に何らかの法則性が見られて、購入者が多かったという偶然によるものだと
いうことが明らかになっています。

第223回抽選の第1数字から228回のボーナス数字までをナナメに選ぶ方法で、第230回抽選に
7個が一致で167名という大量の当選者が生まれたことで、当選金額が1,814,700円という過去
最低金額になりました。

また、第691回抽選で3470人も2等を的中したため、当選金が57,100円という歴史的な低水準
になった原因としては、ドラマLOSTに出た「謎の数字」と全く同じだったという偶然によると
いう説明がされています。

それだったら、巷の予想ソフトは全て使い物にならないのかと思うかもしれませんが、ロト6
を研究し続けている川村康孝さんは世界一の投資家という異名を持つウォーレンバフェットの
投資理論をもとにして、全く異なるアプローチによるロト6番号予想法を考案
しました。

ポイントは以下の3点です。

  • 買い目は多ければ多いほどよい
  • 予想した買い目には当選数字が入っていなければいけない
  • リスクを考えて、買い目の数は極力減らす必要がある

しかし、明らかに矛盾した項目が存在しますし、当選数字は自然にあなたが決めるのは不可能
ですから、現実に合わせていく必要があります。

その結果、川村さんが考えたのは以下の2ステップです。

  • 各種データを用いて「当たる見込みが高い買い目」を出せるだけ出す
  • その中から、買い目を可能な限り減らす方法を考える

この2つのステップを説明したのが「ロト6エスケープ」です。

【「ロト6エスケープ」の公式サイトを確認する】

サブコンテンツ

このページの先頭へ