Proffesshonal Arb

pro-arb

>>公開は終了しました<<

ブックメーカーのアービトラージで稼げるわけがない
というのが、ブックメーカー愛好家の中では常識になっています。

その主な理由をまとめると、以下のようになります。

  • 一時期よりもアービトラージが発生しづらくなっている
  • ブックメーカーのアービトラージ狩りが強化されている
  • 開設・取引する口座数が多くなるため管理が大変
  • ベットできる掛け金に上限がある
  • 数パーセント稼げれば御の字で資金効率が悪すぎる

せっかくアービトラージが成立しても、ブックメーカー側で一方的に無効に
されると単なる片賭けになりますし、残った方もキャンセルができないこと
から、外れる確率の高い方だけが残ってしまうと高い確率で損をする結果に
なります。

アービトラージが成功したとしても、「不正取引」とブックメーカーが宣言
すれば事後処理で取引自体が取り消される場合もありますし、強制的に退会
・解約させられるケースも増えています。

同じブックメーカー内ではアービトラージが発生する確率はゼロですから、
複数のブックメーカーを使い分ける必要がありますし、それぞれの口座毎に
賭け金を入金しておく必要があるため、資金が分散されることから、賭け金
もなかなか増やせないというのが実態です。

しかし、ライフプランアドバイザーの鈴木雄太さんは、アービトラージには
誤解も少なくない
と指摘します。

正しい知識をもって取り組めば、注文をキャンセルされたり、強制退会など
のトレードリスクも大幅に低減できると鈴木さんは言いますが、利益の問題
だけは解決するのは困難
です。

現在は、月10%取れれば高いほうという状況ですから、物足りなさを感じる
のであればアービトラージはやめた方がいいでしょう。

運用益の問題さえクリアできれば「Proffesshonal Arb」を使って、実際に
取引を続けるだけです。

スキャルピングのように薄い利益を積み重ねていくことができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ