IN‐PLAYベッテイング「TENNIS BET GR2」

tennisgr2

>>公開は終了しました<<

IN‐PLAYベッテイング「TENNIS BET GR2」ではテニスのブックメーカー
で、片賭けで稼ぎ続けるための具体的な方法を知ることが出来ます。

ブックメーカー投資というとアービトラージを思い浮かべる人が多いと思い
ますが、IN‐PLAYベッテイング「TENNIS BET GR2」では一切使いません。

IN‐PLAYベッテイング「TENNIS BET GR2」は全て片賭けです。

しかし、片賭けの場合に丁半博打のようなことをしていると、的中率は50%
前後になるのに対して、ベット先によって異なりますが配当は2倍を超える
ほうが珍しい
という状況です。

毎回、同じ金額を賭けていると資金は減る一方ですから、マーチンゲールを
すればいいと思うかもしれませんが、配当金が低くなるという事はリカバリ
するために必要な賭け金が増えるということですから、賭け金に制限がある
ブックメーカーにおいては非現実的な戦略です。

IN‐PLAYベッテイング「TENNIS BET GR2」でもマーチンゲールは使いま
せん。

あくまでも、勝率の高いものだけを選んでベットしますし、マーチンゲール
をすることなく利益を積み重ねて損失を上回るというスタイルです。

IN‐PLAYベッテイング「TENNIS BET GR2」でベット対象としているテニス
のゲームが終了する直前まで受け付けていることが一般的
です。

このため、ゲームの勝ち負けがある程度見えた時点でエントリーすることで
買っている方の選手が急激に崩れるような波乱がない限りは的中しますし、
これまでの試合実績では確率的に低いことがわかっています。

シングルスの試合では出場選手の実力が試合結果にそのまま反映されること
が大半だからです。

ブックメーカーの対象となるテニスの試合は錦織選手が出場するような主要
大会以外にも、小規模なものを含めれば毎日のように開催されています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ