設定6を掴むためのジャグラー営業裏話

今すぐ内容を確認する

パチンコ・パチスロ業界の構造的な不況のために、廃業・倒産するメーカー
やホールが相次いでいる状況ですし、経営的に厳しい状況に陥っている企業
も少なくありません。

このため、パチスロにおいても、設定が厳しい台が増えていますし、ホール
によっては、全台が設定1になっているという噂もまことしやかに広がって
いるものです。

ジャグラーの場合、データ表示機に表示されている数値や、設定の確定演出
などから個々の台ごとの設定を確認することはできませんので、あくまでも
推測するしか無いというのが実情です。

もちろん、インサイダーは台を開けて設定をすることから、逆に知らないと
やばいわけですが、パチンコ店長でスロッターの北山クロロさんは、現在は
スロット台の設定は部下に任せているとしながらも、インサイダーの立場を
活かして、高設定台特有の一定の法則やクセを見つけ出して、ジャグラーで
稼いでいる
といいます。

そこで、プレイヤーとインサイダーという利益相反関係の両方の立場を経験
しているクロロさんが、自店舗では高設定台の正解がわかっていることから
他店で実践した経験や成果を元に、どのようにしてジャグラーの高設定台を
見つければいいのかをまとめた「設定6を掴むためのジャグラー営業裏話
を公開しました。

全くのジャグラー未経験者でも、内容を理解して実践できるように書かれて
いますが、書かれている情報のレベルに関してはジャグラー上級者であって
も驚くことの連続ではないかと思います。

クロロさんだけでなく、ジャグラーが得意なスロプロにも協力を得ており、
情報量が半端なく充実しているからです。

スロット規制の強化によって、AT機を減らしてジャグラーを設置するホール
が増える傾向にありますので、今後もパチスロを打ち続けるつもりであれば
知っておいて損はありません。

【「設定6を掴むためのジャグラー営業裏話」の公式サイトを確認する】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする